金沢大学熱流体・粒子システム研究室は、主に気相中に浮遊する粒子(エアロゾル)の生成、計測、挙動制御、環境・エネルギーへの応用を4本の柱に据え、材料開発から健康影響に至るまで、様々なエアロゾルの研究を行っています。(平成25年度より研究室が再編され、汲田幹夫准教授と東秀憲助教の研究グループが加わり、現在は第3研究グループとなりました。)

 研究室紹介 pdf

 教授: 大谷 吉生, 瀬戸 章文
 准教授:汲田 幹夫,東 秀憲

 スタッフ 1名
 博士課程(後期) 5名
 博士課程(前期) 35名
 学類生(4年生) 14名

   2016年10月現在

 

 

 

  2015年4月 研究室集合写真

 

 

             Recent News!!

2015 10/21 4年生の中間発表会がありました。

2015 4/1 4年生14名が新たに加わりました。

  お問い合わせ

 Tel:076-234-4813

 Fax:076-234-6239

 住所:〒920-1192

 石川県金沢市角間町 

 金沢大学大学院 自然科学研究科